ウーマン

膣の縮小でパートナーとの時間をより楽しくする

このエントリーをはてなブックマークに追加

3つの施術方法

悩むレディー

膣縮小手術、施術の方法には3つの方法があります。どれも術後の痛みがない治療方法ですが、気になるダウンタイムの期間や施術の費用、施術の流れについて、違いやメリットをご紹介します。

Read More

ゆるみを引き締める方法

女性

「最近、パートナーとの夜が上手くいかない」と感じたら、もしかしたら膣のゆるみが原因かもしれません。挿入される側は中々わからないものですが、入れる側からすれば膣圧が低いのはすぐわかります。出産などで膣が広がったり、普段の姿勢や肥満で膣圧が弱まって広がっている状態だと、女性側も感じにくくなりますし、男性も感じにくくなります。夜の回数が減った気がしたら、膣のゆるみも意識してみましょう。膣を縮小させる方法には、手術や縮小の施術と、トレーニングなどがあります。軽度であれば、膣縮小よりも引き締めトレーニングで済むこともあります。しかし出産などで大きくゆるんでいる状態なら、縮小手術を行なってはいかがでしょうか。縮小手術は痛みも少なく傷も目立たないので、深刻な状態であれば手術がオススメです。筋肉と粘膜を縫合する方法と、注入法という脂肪やヒアルロン酸を注射する方法、照射法というレーザー照射での方法があります。どれも術後の痛みはなく、ダウンタイムも短めです。早急な対処を希望したいのであれば、照射法や注入法を利用するのもよいでしょう。時間と労力をかけて解決するのであれば、腹筋で下腹部と骨盤底筋を鍛えるトレーニングが必要です。期間や自分のタイプに合わせて検討してみると良いでしょう。どの程度広がっているのかを、まずはクリニックでチェックし相談してみた方が良いでしょう。その際に原因や考えられる改善策を提案してもらえるので、自分に合った方法を探すこともできます。